【MW WP Form】選択項目によってテキストボックスを必須にする方法

【MW WP Form】選択項目によってテキストボックスを必須にする方法

WordPressでお問い合わせフォームを作成する際にフォーム系プラグインを使用するかと思います。

その中で、今回は「MW WP Form」を使って選択項目によってテキストボックスを必須にする分岐条件の方法を紹介します。

 

 

MW WP Formとは

 

MW WP Form」とは、WordPressでフォームを作成することができるプラグインです。
簡単な操作でフォームを作成することができ、ショートコード1行で設置することができます。

 

MW WP Form

 

 

条件分岐

 

今回は、お問い合わせ内容の「資料請求について」を選択すると、
本来は必須項目ではない「郵便番号」「住所」「電話番号」の項目が必須になるように設定します。

 

設定方法は簡単です!
function.phpに下記の記述を追記するだけです。


function my_validation_rule( $Validation, $data ) {
	if ( $data[ 'お問い合わせ項目' ] === '資料請求について' ) {
		$Validation->set_rule( '郵便番号', 'noEmpty', array(
			'message' => '資料請求の場合は必ずご記入下さい。'
		) );
		$Validation->set_rule( '住所', 'noEmpty', array(
			'message' => '資料請求の場合は必ずご記入下さい。'
		) );
		$Validation->set_rule( '電話番号', 'noEmpty', array(
			'message' => '資料請求の場合は必ずご記入下さい。'
		) );
	}
	return $Validation;
}
add_filter( 'mwform_validation_mw-wp-form-2628', 'my_validation_rule', 10, 2 );

 

最後の行にあるmwform_validation_mw-wp-form-2628の「2678」にはフォームのIDが入ります。
自分の作ったフォームに合わせてIDを記述するように注意してください。

エラーメッセージの内容も自由に変えられるので、お問い合わせ項目と内容に合わせてカスタマイズすることができます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか!
条件分岐、と言われてもあまりピンときませんが、
どういうものか理解するとフォームを作成する上でかなり必要な知識だと思います。

 

参考

 

今夏は選択項目による条件分岐の紹介でしたが、参考サイトにはチェックボックスの場合やラジオボタンの場合の紹介もあるので、是非参考にしてみてください!

WordPressのお問い合わせフォームプラグイン「MW WP Form」で、チェック・ラジオの選択項目によってテキストボックスを必須にする条件分岐の方法。

WordPressのお問い合わせフォームプラグイン「MW WP Form」で、チェック・ラジオの選択項目によってテキストボックスを必須にする条件分岐の方法。