Creative Cloudライブラリ経由でAdobe XDとPhotoshopを連携させる

Creative Cloudライブラリ経由でAdobe XDとPhotoshopを連携させる

デザイン作成の際に多くの方はAdobeのPhotoshopで
作成されている方が多いのではないのでしょうか。
しかし最近はXDを使って動きのあるデザインを見せる際に、
使用されている方も多いかと思います。
今回はPhotoshopでデータを作成して、XDと連携する方法を紹介したいと思います。

Adobe XDとPhotoshopを連携させる

PhotoshopデザインをCreative Cloudライブラリにインポートし、
Adobe XDから同じライブラリにアクセスしてアセットとして使う方法です。
このようにすれば、再編集をPhotoshopで行えばそれが自動的にAdobe XDにも
反映されるようになります。

それではPhotoshopアセットをCreative Cloudライブラリに
インポートしてAdobe XDから利用する手順を以下に記載します。

➀Photoshopでインポートしたいコンテンツを選択します。
画面の右側の[ライブラリ]パネルにある[+]ボタンをクリックし、すべてを追加を
押します。

するとグラフィックにデザインが追加されます。

②Adobe XDの[ファイル]>[CCライブラリを開く…]を選択後、
PhotoshopアセットをAdobe XDプロジェクトにドラッグ&ドロップします。

これでこのアセットは以降リンクされたアセットとして扱われます。
Photoshopで再編集した結果は自動的にAdobe XDに反映されるようになります。

まとめ

Photoshopで作業後、最終的にXDでデザイン案をプレビューで共有などされる場合は、
時間短縮でとても便利なので、ぜひ使って見てください。

参考:
https://www.adobe.com/jp/products/xd/photoshop-to-xd.html