「MW WP Form」プラグインを使って記事ページの投稿タイトルの情報をメールフォームに引き継ぐ方法

「MW WP Form」プラグインを使って記事ページの投稿タイトルの情報をメールフォームに引き継ぐ方法

こんにちは。みなさんはwordpressを運営していて、
「お問い合わせのフォームの項目へ、投稿の記事タイトルを取得したい」
なんて思うことありませんか。

今回は 「MW WP Form」プラグインを使って、
記事ページの投稿タイトルをメールフォームの項目として引き継いで、
URL引数を取得する方法をご紹介します。

「MW WP Form」のインストール

確認画面付きお問い合わせフォーム「MW WP Form」プラグインの使い方自体は、
プラグイン作者のWebサイトにマニュアルがあるのでそちらをご覧ください。

「MW WP Form」プラグインインストール
https://ja.wordpress.org/plugins/mw-wp-form/

プラグインの使い方
https://plugins.2inc.org/mw-wp-form/manual/

記事タイトルを取得する

それでは「MW WP Form」プラグインを使って、
どの回に参加するか等を1つのお問い合わせフォームで対応できるように、
記事ページの投稿タイトルをメールフォームの項目として引き継いで、
URL引数を取得する方法について解説します。

コツは、以下の3点です。

1.[MW WP Form]項目の右下にある「URL引数を有効にする」にチェックを入れる。

キャプチャ画像にもある通りで、
URL引数を有効にするにチェックを入れます。
有効にした場合、MW WP FormはURL引数を取得します。

これで、URL引数を取得することができます。
投稿記事タイトルだけでなく、カスタムフィールドに入れた項目なども
引き継ぐことができるようです。

2.メールフォームに遷移する前のページに以下のWordPressテンプレートタグを書く。

WordPressテーマのsingle.phpなど、
メールフォームに遷移する前のページの該当リンク場所に、
以下のようなテンプレートタグを書きましょう。
下記は引数に投稿のIDを渡す必要がある関数を使用する際などに使います。

<a href=“/event/?post_id=<?php echo $post->ID ?>”>参加申し込み</a>

3.メールフォームのvalueに{post_title}などと書く。

キャプチャ画像にある通りなのですが、

例えば、

<dt>現場見学会</dt>
<dd>[mwform_text name=“event” value=”{post_title}”]</dd>

などと書くと、その項目を前のページより引き継ぐことができます。

hiddenフィールド(mwform_hidden)
も用意されているらしいので、どのページからの問い合わせなのか、
表側に項目を出さずに送信することも可能です。
その場合には、以下のように書きます。

[mwform_hidden name=“event-hidden” value=”{post_title}”]

以上が投稿タイトルを取得する流れになります。

まとめ

毎回のイベント告知ページに都度お問い合わせフォームを変更する、ということも可能かと思いますが、
それだと手間が掛かるかなということで、今回のように動的に値を取得することで、
時間の短縮にもなるかと思います。

ぜひ試してみてください。

参考サイト
https://securavita.net/mw-wp-form-post-data/